HMBサプリは効果なし?安全性・副作用を検証!見るポイント

HMBサプリの安全性のポイント

①GMP認定工場での品質管理
➁HMBは低カロリー!毎日飲んでも安全!
③HMBサプリの原料は純国産品が安全

≫人気のHMBサプリはこちらから

安全・安心なHMBサプリを選ぶポイント3つ

女性がHMBサプリを選ぶ際に、最も気を付けて欲しい、見るべきポイントを3つに絞ってご紹介します。

≫人気のHMBサプリはこちらから

①GMP認定工場での品質管理

どんなに体に良いサプリメントでも、やはり気になるのは安全性ですよね?
特に、サプリメントを摂取するならばGMPという言葉をしっかり覚えておきましょう。

GMPを満たす要件には

  1. 人為的ミスを防止する
  2. 健康食品に対する汚染を防止する
  3. 品質の確保する

があり、これは医薬品を作っても問題ないレベルですよ。という意味でもあります。

GMPは日本のみならず、海外でも使われている同じ品質管理の基準です。

HMBサプリは健康食品として口から摂取するものなので、品質管理は徹底されていなければ安全性があるとは言えませんよね?

安全性が高いHMBサプリは全て、GMP認定工場で製造された製品であると断言しても良いです。

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範と訳されています。原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。医薬品では、かなり以前から製薬メーカーに義務として課せられており(通常、日本で「GMP」といえば医薬品を指しますが、化粧品や食品添加物でも業界の自主的な取り組みがすでに始まっています)、最近では中国や韓国といった近隣のアジア諸国において、サプリメントもGMPが法律で義務付けされるようになりました。

参照URL:日本健康規格協会

厚生労働省は2005年2月1日付で、健康食品の品質と安全性の確保のため健康食品GMPガイドラインを発表していますから、安全性を気にする方はまず、GMP認定工場で製造されている製品を選ぶ事が必須ポイントです。
参照URL:健康食品の安全性の確保施策

※上記はBBB(トリプルビー)の商品ページです。

≫人気のHMBサプリはこちらから

➁HMBは低カロリー!毎日飲んでも安全!

低カロリーやカロリーゼロ、ノンカロリーなどカロリー表示など、様々なカロリー表示を目にすることが多いですよね。

実は、このカロリー表示には2つのタイプが存在しており、

  1. カロリーを含まない:「カロリーゼロ」  「ノンカロリー」
  2. カロリーが低い:「低カロリー」 「カロリー控えめ」

に分けられています。

①「含まない」と②「低い」では、飲みもの100ml当たりのカロリーの範囲が異なり、
①の「含まない」では100ml当たりのカロリーが5kcal未満の飲みものでなければ食品表示基準のもと表示できないことになっています。
同様に、②は、100ml当たりのカロリーが20kcal未満でなければ表示できません。

HMBサプリは➁のカロリーが低い低カロリーに分類されます。

ここまで細かく基準が決められている理由は、カロリーを過剰に摂取すると健康に影響があると考えられているためです。

実際、筋肉をアップさせるためにプロテインを摂取した場合、プロテイン20gのカロリーは70kcal~100kcalぐらいになります。

これを牛乳などで割って飲むと1杯約200Kcal程のカロリーを摂取することになり、しかも、プロテインの場合、HMBに変換されない部分はカロリーとして蓄積されてしまうため効率が悪いんです。

しかし、HMBサプリはHMBを直接摂れるため効率もよく、なんとカロリーも10Kcal程度!

ダイエット中はカロリーコントロールが非常に大事です。毎日摂取するものであるからこそ、余計なカロリーを摂取しなくても良い、安全なHMBサプリがおすすめです。

≫人気のHMBサプリはこちらから

③HMBサプリの原料は純国産品が安全

安全・安心なHMBサプリを摂取したいなら、国産の原料を使用し、国内で製造した純国産のHMBサプリをおすすめします。

理由は、海外製品はどこで製造されたのかわからなく、記載されていない場合が多いためです。

国産と純国産の違い国産:原料を輸入し、国内で製造された製品
純国産:原料も、製造も国内=100% Made in Japan!/p>

なんといっても体にいれるものですから、海外となると裏では何をやっているかわからない国も存在します。

≫人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリって効果がない?その理由

ネット上にはHMBサプリは効果がない!謡っているサイトも多々ありますが、HMBサプリは効果があります。

しかし、下記のような条件に該当する場合、期待する効果が表れないのも事実ですから、これからHMBサプリを摂取しようと考えている人は、是非参考にしてください。

  1. タンパク質が不足
  2. HMBの摂取量過多
  3. 筋トレ初心者ではない。
  4. クレアチンを摂取していない

タンパク質が不足

HMBサプリは筋肉を合成するサプリですが、食事からのたんぱく質も同時に摂取する必要があります。

そもそもHMBサプリは飲んだだけで筋肉が付くサプリメントではありませんから、食事管理も行う必要がありますので、普段の食事からたんぱく質を多く摂取するように心がけましょう。

HMBサプリの摂取量過多

効果を早く出したいために、HMBサプリを必要以上に摂取すれば良いのでは?と考える方もいらっしゃいます。

しかしこれは、逆効果です。

カンザス大学で行われた検証において2倍のHMBサプリを摂取したグループより、通常の摂取量をキープしたグループの方が、除脂肪体重の増加傾向が見られたと方向されています。

HMBサプリの一日の推奨摂取量は1,500mg~2,000mgとされていますので、その2倍の量を摂取した場合、効果が半減する可能性がありますので、推奨摂取量をきちんと守ることが大事です。

筋トレ初心者ではない

HMBサプリは普段運動をしない人ほど効果を発揮しますので、筋トレ初心者ほど、HMBを摂取しての効果を実感しやすい傾向があります。

これは、筋肉を損傷させ、筋タンパク質の分解が活発に行われていないためです。

逆に筋トレ上級者の場合、筋タンパク質の分解が活発なため、HMBサプリの効果が表れにくいことになります。

実際に、ポズナン大学(ポーランド)における検証においでは、被験者の多くがHMBの効果を実感できなかったという報告がされています。

しかし、筋トレ上級者にHMBは必要ないのか?というとそうではありません。

筋タンパク質の分解より筋タンパク質の合成については、未経験者と同様の効果があるため、実際、多くの現役ボディビルダー、アスリートがHMBを愛用しています。

クレアチンを摂取していない

HMBサプリの効果は、クレアチンと同時摂取することで相乗効果があります。

これについては、ポーランド体育アカデミーで行われた検証によって報告されており、下記の4つのグループに分け、3週間にわたり実施。

1.偽薬を摂取
2.クレアチンのみ摂取
3.HMBのみ摂取
4.クレアチンとHMBを併用

その結果、4.クレアチンとHMBを併用グループが除脂肪体重増加、筋力向上が最も高かった。と報告されています。

そうのような結果から、HMBサプリを摂取する際は、クレアチンが配合されているHMBサプリをおすすめします。

≫人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリの成分って危険性が高いのか

HMBサプリは過剰摂取しなければ人体へ及ぼす危険性はほとんどありません。

HMBが腎臓や肝臓への悪影響を及ぼす。あるいは下痢などの副作用もあるといった情報も出ていますが、こちらも基本的には問題ないです。

あくまでも過剰摂取した場合によって引き起こされる危険性ですから、用途・用法を守って摂取すれば、しっかりと効果を発揮してくれますよ。

≫人気のHMBサプリはこちらから

クレアチンの効果と気になる安全性を調査

クレアチンの摂取はほとんどの方に安全で、数年間にわたる長期使用でも安全なものと判断されています。ただし、過剰摂取したした場合、腎臓、肝臓に影響を与える場合があります。

しかしながら、クレアチンが腎臓、肝臓に悪影響を与えたという報告がされていないのも事実です。

あくまでも、ダイエット効果や筋トレ効果を急ぎ、大量に摂取した場合に起こる反応ですから、摂取する場合は、用途用法をしっかり守りましょう。

≫人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリの安全性に関する科学的評価を調査

HMBサプリの安全性を、厚生労働省、国際スポーツ栄養学会、アメリカ食品医薬品局(FDA)といった国際機関が報告している科学的根拠を調査しました。

≫人気のHMBサプリはこちらから

厚生労働省のHMBサプリ安全性評価

厚生労働省ではHMBサプリを安全であると報告しています。

厚生労働省によるHMBへの評価が分かる資料が「日本人の食事摂取基準(2015年度版)策定検討会報告書」です。

参照URL:たんぱく質並びにアミノ酸の介入研究

日本における具体的な報告はないのですが、台湾とアメリカにおける実験を引用する形で「筋肉におけるたんぱく質合成を誘導する重要な働きをする」と、その安全性が報告されています。

日本人の食事摂取基準は、健康増進法に基づいて5年毎に更新されます。

≫人気のHMBサプリはこちらから

国際スポーツ栄養学会の安全性評価

国際スポーツ栄養学会においてもHMBサプリは人体へ悪影響を与えないと報告しています。

国際スポーツ栄養学会とは科学的根拠に基づいて、スポーツ栄養分野に貢献する非営利団体です。

外部リンク:https://www.sportsnutritionsociety.org/

国際スポーツ栄養学会(ISSN)では、HMBの安全性について以下のように言及しています。

Evidence to date indicates that that consumption of HMB is safe in both young and old populations.

日本語に直訳すると「HMBの摂取は若者と高齢者の両方に安全であることを示している。」という意味になります。

参照URL:International Society of Sports Nutrition Position Stand:HMB

また、ISSNのガイドラインにおいて、カンザス大学のPhilip Gallagher博士の下、ボールステイト大学で実施された実験の結果において、1ヶ月に渡り、推奨摂取量の2倍にあたる6,000mg/日のHMBを摂取し、人体への影響を調査。

結果、肝臓機能、腎臓機能のいずれにも、悪影響が見られなかったと報告されています。

≫人気のHMBサプリはこちらから

アメリカ食品医薬品局の安全性評価

アメリカ食品医薬品局FDAとはアメリカ食品医薬品局のことで安全かどうかの基準を取り扱うところです。

アメリカ食品医薬品局(FDA)には、食品添加物に与えられる安全基準合格証があり、問題なければリストに掲載されますが、HMBは比較的新しい成分のため、まだ掲載されていません。

しかし、今後、記載される事は間違いありませんので、注目していきたいところです。

≫人気のHMBサプリはこちらから

サプリメントと医薬品の違い

医薬品は治療や予防に使われるもので、サプリメントは栄養の補給に使われるものです。

疑問

健康食品(サプリメント)とは

一般に、健康食品とは「健康の保持増進に資する食品全般」が、またサプリメントとは「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」がそれぞれ該当すると考えられています。しかし、明確な定義がないため一般の消費者が認識している健康食品やサプリメントは、通常の食材から、菓子や飲料、医薬品と類似した錠剤・カプセルまで極めて多岐にわたります。 引用元:多様な健康食品

健康食品とサプリメントに明確な違いはなく、毎日の食事だけでは不足しがちな栄養素を補うことを目的とし、病気の治療を目的としたものではありません。
あくまでも、健康食品やサプリメントは人の自然治癒力や免疫力を高めるといった、予防効果を目的とし、含まれる成分内容も、人間が本来持っているものと同じ自然の成分であり、位置づけとしては食品になります。

疑問

医薬品とは

医薬品は、病気の予防や治療を目的としたものであり、その名称や成分内容、効果効能や副作用、用法や用量、分量などについて品質や有効性、安全性について調査が行われた結果、正式に厚生労働大臣や都道府県の知事から承認を受けたものです。

この「医薬品」には、人間が本来持っている自然の成分以外の成分が多く含まれています。

≫人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリの原材料と安全性の関係について

HMBサプリの原材料で含まれている添加物の安全性を気にしましょう。ポイントは添加物の少ないサプリを選ぶ事です。

BBB(トリプルビー) Protab(プロタブ)
クレアチンモノハイドレート、HMBカルシウム、コエンザイムQ10、αリポ酸、L-カルニチンフマル酸塩、L-オルニチン塩酸塩、大豆抽出物(イソフラボン含有)、黒胡椒抽出物、イナゴ豆抽出物、デキストリン、チキンエキス、ブラックジンジャー抽出物、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、エラスチン(魚由来)、豚胎盤抽出物/トレハロース、ビタミンC、クエン酸、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-ヒスチジン、L-トリプトファン、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンD、L-アルギニン、葉酸、シクロデキストリン、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンB12 HMBカルシウム、還元パラチノース、大豆胚芽抽出物(イソフラボン含有)、葡萄発酵エキス末(レスベラトロール含有)/ステアリン酸カルシウム、ヒドロキシプロピルセルロース、結晶セルロース、微粒二酸化ケイ素、プルラン

参照:食品添加物一覧

疑問

食品添加物とは

食品衛生法では、食品の製造過程で、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの方法によって使用するものと定義されています。

昔から食品の最大の危険は食中毒で、そんな中、食中毒の減少に非常に大きな役割を果たしたのが、冷蔵庫と保存料です。

昔は、生鮮食品がほとんどで、加工食品といえば塩漬けや干物、缶詰ぐらいしかなかったわけです。

しかし、この保存料が登場したことをきっかけに、食品の腐敗や変質を長期間にわたって防ぐことができるようになっています。

食品添加物はなるべく少なく使用されていない方が好ましいと思いますが、添加物の安全性は量で決まってきます。

上記で使用されている赤字添加物は、使用を認められている添加物ですから安全です。

また、選ぶ際はより添加物が少ないHMBサプリを購入すると更に安全性は高まります。

≫人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリの原材料の安全性をBBBで検証!

含まれている添加物の安全性って気になりますよね?

ここではBBB(トリプルビー)に含まれている気になる添加物3つを解説していきます。

HMBとクレアチンには安全ですから、他に含まれている添加物の安全性を紐解いていきます。

≫人気のHMBサプリはこちらから

BBBに含まれている香料の安全性

香料とはその名前の通りで食品に香りをつける原料のことを言い、身近な加工食品にはほとんどといっていい程香料が使われています。

しかし、この香料、人によっては嫌いな方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、この香料がないとまずい食事に代わります。例えばですが、無添加のベーコン、ソーセージって食べたことありますか?全然美味しくないんですよ。

実は、食品を美味しく食べるには香料は実は欠かすことのできない添加物だったんです。

では、気になる安全性についてですが、日本香学工業会では以下のような見解を示しています。

1.必要量を超えると不快になる
フレーバーは、食品が本来持っている風味に、加工食品を近づける(「自然の模倣」)ために使用します。さらにそのフレーバーは、過剰になると不快になって食品としての価値を失ってしまうので、その使用量は自ずと制限(selflimiting)されます。

2.ほとんどの成分は天然食品に含まれている
食品自体に化学構造が同じ香り物質が含まれており(常在成分)、ほとんどの場合その量は香料として添加される量よりも多く、また添加される香料の成分も天然香料であるか、食品の常在成分です。

3.使用濃度が低い
本来食品に含まれている香り成分が微量であるために、食品の加工に利用される香料も低くてすみます。ほとんどの食品でその使用量は10ppm以下で、1ppm以下の濃度でも十分な効果を発揮するものがあります。

食品添加物は、「食品添加物の指定及び使用基準改正に関する指針」で定められた試験で安全性が確認されることが必要です。安全性を確認するための標準的な試験には、一般毒性試験のほかに、繁殖試験や催奇形性試験、発がん性試験、抗原性試験、変異原性試験などの特殊毒性試験などがあります。

各種毒性試験の結果から、当該物質の投与によって有害作用が観察されない最大投与量を判定し、実験動物の体重1kg当たりの摂取量(mg)で表される無作用量(最大無毒性量)が決まります。

次に、ヒトと実験動物の違いやヒト同士の個体的な違いを考慮して100分の1を乗じた「毎日摂取しても健康を損なうおそれのない一日許容摂取量(ADI)」を設定します。厚生労働省の調査研究で、市販の加工食品に実際に含まれている食品添加物の量は基準値を大幅に下回り、ADIを十分に下回っていることがわかっています。引用元:日本香学工業会

つまり、使用されている量が微量なので他の添加物と比べても安全です。という意味になります。

加えて香料は非常に厳しい基準で製造されていますから、毎日摂取しても人体に悪影響を及ぼす可能性は極めて低いです。

BBB(トリプルビー)に含まれている香料は、HMBサプリを美味しく摂取するために使用されています。

どんなに体に良いものでも美味しくなければ続けれることは難しいですからね。

人体への影響がほとんどない香料ですから、安全です。

≫人気のHMBサプリはこちらから

BBBに含まれている甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)の安全性

人工甘味料の一つである「アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物」ですが、ネット上では人体に影響を与える”危険”な物質であると紹介している記事が見受けられますが、公的機関などを調査した結果、アスパルテームを有害とする有力な根拠は得られていません。

つまり、安全である。ということです。

FDA(アメリカ食品医薬品局)、EFSA(欧州食品安全機関)は実験によりアスパルテームの影響調査を行っています。

Considering results from the large number of studies on aspartame’s safety, including five previously conducted negative chronic carcinogenicity studies, a recently reported large epidemiology study with negative associations between the use of aspartame and the occurrence of tumors, and negative findings from a series of three transgenic mouse assays, FDA finds no reason to alter its previous conclusion that aspartame is safe as a general purpose sweetener in food.

(訳)
アスパルテームの安全性に関する数多くの研究の結果(以前行われた発がん性陰性とする5つの研究、近年報告された大規模な免疫学的研究によるアスパルテームの腫瘍性の否定、マウスの遺伝子への影響の陰性)を考慮すると、FDAはアスパルテームが一般目的の甘味料として安全であるという結論を撤回する理由は見つけられなかった。
引用元:https://www.fda.gov/food/ingredientspackaginglabeling/foodadditivesingredients/ucm208580.htm

日本国内では、アスパルテームの一日許容摂取量(ADI)は 2344mg/日(約2g) に設定されています。※ADIとは、生涯にわたって毎日摂取しても、人間の健康に悪影響を及ぼさない量のことです。

平成23年の厚生労働省による調査では、一人当たりのアスパルテームの摂取量は0.019mg であり、ADIを大きく下回る数値です

参照URL:厚生労働省

アスパルテームは1日2gまでと設定されている事から、BBB(トリプルビー)は1包1.5g。アスパルテーム含有量がまさか1.5gを超えることがないので、間違いなく安全ですね。

≫人気のHMBサプリはこちらから

BBBに含まれているシクロデキストリンの安全性

シクロデキストリンは、デンプン由来のオリゴ糖で内側の空洞に他の分子を取り込む包接という能力を持ち、他の成分を取り込むことにより、取り込んだ物質を光や熱などから保護したり、水に溶けやすくする性質を利用して、食品分野、医薬品分野、化粧品分野など幅広い分野で使われている粉末です。

安全性については、

シクロデキストリンの現時点での安全性は、デンプン由来の環状オリゴ糖で、化粧品分野だけでなく食品や医薬品としても広く使用されていることから、皮膚刺激性はほとんどなく、眼刺激性に関してはデータ不足のため詳細不明ですが、重大なアレルギー(皮膚感作)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

引用元:シクロデキストリンの成分効果と毒性

特に問題ないと報告されています。

BBB(トリプルビー)にシクロデキストリンが使用されていますが、日本では摂取上限値(ADI)のない食品添加物とされていますので安全であると言えます。

≫人気のHMBサプリはこちらから

厚生労働省が定めている添加物の安全性

厚生労働省は、食品添加物の安全性について人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用を認めています。
使用が認められた添加物においても1日の摂取量をしっかり定めているため、問題のある製品は販売・製造中止されますので、製品として世に出ているものは安全と判断して問題ありません。

参照URL:食品添加物の安全確保

≫人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリに使用されている指定添加物

厚生労働大臣が安全性と有効性を確認して指定した添加物でなければ、使用することができない添加物を指定添加物と言います。

平成27年9月18日現在、449品目が指定されています。

HMBサプリBBB(トリプルビー)に含まれているアスパルテームは、指定添加物に該当します。

参照URL:指定添加物リスト

≫人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリに使用されている既存添加物

長年使用されていた実績があるもので、厚生労働大臣が認めたものを「既存添加物名簿」に記載され、引き続き使用することを認められた添加物を既存添加物と言います。

現在では、365品目が掲載され、安全に疑いがあるものや、使用実態のないものについては、消除されます。

HMBサプリBBB(トリプルビー)に含まれているシクロデキストリンは、既存添加物に該当します。

参照URL:既存添加物名簿収載品目リスト

≫人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリに使用されている天然香料

一般に使用量が微量であり、長年の食経験で健康被害がないとして使用が認められています。

現在では、612品目が該当

HMBサプリBBB(トリプルビー)に含まれている香料は、天然香料に該当します。

参照URL:天然香料基原物質リスト

≫人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリに使用されている一般飲食物添加物

食品衛生法第10条では、「一般に食品として飲食に提供されているもので添加物として使用されるもの」を言います。

例)オレンジ果汁を着色の目的で使用する場合など

HMBサプリBBB(トリプルビー)に一般食品添加物に該当する原料はありません。

参照URL:一般飲食物添加物品目リスト

参照URL:食品衛生の窓

≫人気のHMBサプリはこちらから

関連記事

HMBサプリの安い料金|ダイエット効果期待成分でコスパを比較

HMBサプリで筋トレ&ダイエット効果を得る女性向けの飲み方

NO IMAGE

女性用HMBサプリ|AYA先生監修BBB(トリプルビー)の口コミ

HMBサプリ|ダイエット効果で選ぶ!女性へおすすめする理由