HMBサプリ|ダイエット効果で選ぶ!女性へおすすめする理由

HMBサプリをおすすめする理由健康的に引き締まったボディを手に入れる事ができる!
➁スッキリした鎖骨、くびれた腰、引き締まった脚にメリハリのある美しさが手に入る
➂あなたらしく綺麗になれる!あなたが一番の魅力になる!

人気のHMBサプリはこちらから

目次

HMBサプリの効果は、女性用と男性用で全く違う!その理由

HMBサプリは、目的別に女性向けと男性向けに分かれて製品が販売されています。

男性向けは「筋力アップ」がメインで、筋力アップが目的。
女性向けは「ダイエット」がメインで、筋トレしながらリバウンドしない体作りが目的。

そのため、女性が男性向けの製品を飲むことはおすすめしません!
男女共に、同じ筋トレをしたとしても、どんなHMBサプリを摂取するのか?によって、効果が全く違ってくるためです。

人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリ選ぶ!ダイエット効果で女性が選びたい成分一覧!

あなたがHMBサプリを摂取して筋トレや運動する目的は、筋肉を付けたいためではないですよね?

健康的に痩せたい。
綺麗な曲線を描くボディーラインを手にしたい!
ついついつまんじゃう”腰回りのお肉”をなんとかした!

と、自分の体型に悩みを持っているのではないでしょうか。

冒頭でも説明しましたが、男性向けと女性向けのHMBサプリの違いは、含まれている成分です。男性向けのHMBサプリは、「HMB」のみの製品が一般的。

一方、女性向けのHMBサプリは、ダイエット効果を促す「脂肪燃焼」を促す成分が豊富に含まれているのです。

人気のHMBサプリはこちらから

女性におすすめ!ダイエット効果を促す絶対外せない成分3つ

女性がHMBサプリを選ぶ際、以下3つが含まれている製品を選べば、効率的にダイエットの成功が高まります。

  1. クレアチン
  2. L‐カルニチン
  3. α-リポ酸

クレアチン筋肉を維持する成分。ダイエットをすると体は脂肪を燃焼させますが、同時に筋肉も燃焼させてしまいます。これでは、スリムな体型を維持できませんから、筋肉を維持させる必要があります。

L‐カルニチン脂肪を燃焼させるために運搬役となる、ダイエットにおいて大事な成分です。脂肪の燃焼はミトコンドリアが行いますが、ミトコンドリアに脂肪を運ぶのがL‐カルニチンです。

α-リポ酸糖の代謝に最も寄与する成分です。筋肉のダメージを軽減させ、脂肪燃焼の場を正常に保ってくれます。

人気のHMBサプリはこちらから

ダイエット効果で選択する場合の商品・成分比較

BBB(トリプルビー) Re:fiT(リフィット) ボディメイクプログラムHMB
クレアチン
L-カルニチン
α-リポ酸
トリプルビーはこちら リフィットはこちら

人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリのダイエット効果!女性にも筋肉サプリと呼ばれるHMBサプリ成分を徹底解説

今までスレンダーボディーを求め、途方もなく彷徨い歩いてきた貴女!
数々のダイエット手法を試みては失敗して・・の繰り返し。

しかし、失敗したとしても、諦めず行動に移してきた実行力はとてもステキなことです。

ではなぜうまくいかなかったのか?

それは、正しい手法を学び、正しい手段を選べなかった事で、あなたの行動力を活かせなかっただけです。

ダイエットを行う上で必要な事は、HMBを摂取しながら筋肉をつけ、脂肪を燃焼しやすい体を作ることが大前提。そこから体重が落ちていく痩せていく。これが正しい手法です。

HMBサプリのメインの役割は筋肉の強化!です。

筋肉を強化することによって、体重が増えてしまうのでは?という疑いを持つ女性は少なくありません。

しかし、筋肉と脂肪燃焼は密接な関係を持ち、筋肉を強化することによってダイエットで目指す体脂肪の減少と、女性特有の綺麗なボディラインを同時に手に入れることができるのです!

そこには、HMBサプリに含まれているダイエットに効果的な脂肪燃焼成分も寄与していおり、ここではHMBサプリの効果について、詳しく解説していきます。

人気のHMBサプリはこちらから

筋トレなしで筋肉サプリHMBだけでは効果がない理由

運動が苦手な女性は沢山います。

あなたももしかするとその一人なのかもしれません。

運動が苦手だから筋トレも運動もしないで、筋肉サプリHMBを飲むだけで理想のボディメイクができるかというと、できません。

筋肉は刺激(ダメージ)を与えることで、次に同じ刺激がきた時、しっかり耐えることができるように、より成長しようとします。

その成長過程において、➀運動ー➁栄養ー③休養といったプロセスのどれか一つでも欠けてもダメなのです。

また、脂肪を燃焼させる=消費カロリーを増やすことと同じ意味になります。
筋肉は体のエネルギーを消費させるエンジンのようなもの。このエンジンが大きい(筋肉量が多い)ほど、消費エネルギーが増えるわけです。

筋肉サプリHMBにはもちろん、脂肪燃焼効果を効率的に働かせる成分も豊富に含まれていますが、肝心なエンジンが小さくては、その効果も薄まります。

筋トレなしでHMBサプリの摂取のみでは効果がない理由がここにあります。

人気のHMBサプリはこちらから

筋トレに効果があるHMBサプリとBCAAの違い

HMBもBCAAも筋肉合成のために働きかけてくれる成分としてはほとんど変わりはありません。

しかし、上図でも示しているように、筋肉合成へのプロセスが違ってきます。

BCAAは「バリン・ロイシン・イソロイシン」と呼ばれる3種類の必須アミノ酸の事を言い、BCAAは主に筋肉で代謝され、その多くが筋肉の合成や、筋肉の分解の抑制など、筋肉のために使われる栄養成分です。

筋肉の中に蓄えられたBCAAを使い運動をし続けると筋肉は疲労してしまい運動の継続が難しく脂肪燃焼効果も少なくなります。

わかりやすく説明すると、BCAAを摂取すると、筋力エネルギーを落とすことなく運動中の筋力をサポートしてくれる成分で、どちらかというと長時間の筋トレや運動する方に最適な成分です。そのため、トレーニング中に摂取する人が多いのが特徴。

一方、HMBはロイシンがすでに代謝された状態のもの。

ロイシンは肝臓で代謝されHMBへ変換し「筋肉を作れ」「筋肉を守れ」という刺激を出している成分で、1gのHMBを産生するために20gのロイシンが必要になるといわれています。

HMBも同様、筋肉合成を促す効果がありますが、BCAAと違い、直接ダイレクトに筋肉合成へ働きかけてくれるため、短時間のトレーニング効果で力を発揮してくれます。

仕事をしながら長時間の運動は現実的にきついです。

そこで、なるべく短時間での運動・筋トレを効率的に効果を発揮させるには、筋肉合成へダイレクトに届くHMBサプリの方が有効なのです。

人気のHMBサプリはこちらから

女性はHMBサプリで筋肉アップを効果的に!

なぜHMBサプリで筋力アップを効果的にあげるべきなのか?

これは、短時間のトレーニングこそが筋力アップに最も効果的な方法だからです。

女性の多くは、ムキムキ筋肉質の男性は、長時間かけて沢山トレーニングしていると思っているに違いありません。

しかし、これは全くの逆で、実は短時間で追い込んでトレーニングをし、トレーニング強度にこそ意識を向けながら、短時間で追い込んでしっかり休む。これを繰り返しています。

トレーニングで一番やってはいけないことは、ダラダラと休憩時間を長くとり、長時間かけてトレーニングすること。

間のの休憩時間を短くして、短時間で体を追い込めば追い込むほど強度の高いトレーニングとなり、それに伴って体がしっかり反応してくれ成長しようとします。

これは、ダイエット目的の女性が筋トレをすることにも当てはまり、例え、ダイエット目的であっても短時間の密度の高いトレーニングを心がける必要があるわけです。

HMBは、上記でも説明した通り、短時間のトレーニングに有効な成分です。

運動嫌いな女性や何かと忙しく、短時間で筋トレ、運動を済ませたい女性こそ、HMBサプリを使ってトレーニングを行った方がより効果的なのです。

人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリの効果。女性におすすめ、筋トレとHMB×クレアチンを解説

クレアチンとは筋肉中に存在するエネルギー供給物質です。

筋肉を動かすためにはエネルギー、つまり体にとってのガソリンが必要になります。そのガソリンはATP(アデノシン3リン酸)という形で存在し、ATPはリン酸を遊離してエネルギーを放出し ADP(アデノシン2リン酸)に変化していきます。 しかし、ATPの量は限られていて、激しい運動では約8秒で枯渇してしまうんです。

そこで運動を続けるには、ADPにエネルギーを与えATPに戻す必要があります。 その作用を有しているのがエネルギー供給物質のクレアチンなのです!

クレアチンの効果は、瞬発力のアップ、乳酸の抑制、持続力の3つがあげられます。

HMBは主に筋肉アップに貢献しますが、トレーニングによってエネルギーはどんどん消費されていきます。

しかし、クレアチンを摂取することによって、消費エネルギーを再生成してくれるので、トレーニングをより一層高めてくれます。

人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリはダイエット効果に期待!秘密は筋肉の分解抑制

HMBサプリがダイエット効果に期待できる理由は、筋肉分解の抑制効果にあります。

日本人の筋肉量は、男女ともに40歳を過ぎると減っていき、80歳までに最大10%も減少することがわかっており、これは加齢にともない、筋肉の合成作用が低下するためです。

そのため、筋肉量を維持するためには、より多くのアミノ酸の摂取が必要になり、特にアミノ酸の中でも、ロイシンが筋力アップに効果的であり、その代謝産物であるHMBにおいても同様の効果が報告されています。

特にアスリートは、筋肉量(除脂肪量)を維持して、脂肪量を落とすことが求められます。

しかし、カロリー制限をすることにより筋肉量も減少しやすくなります。

これに対して、HMBを摂取することにより、筋肉量を維持しながら、脂肪量が減少しやすくなることがわかっており。

実際に、女子柔道選手を対象にした調査では、カロリー制限に加えてHMBを摂取した被験者は、体脂肪率が低下したと報告されています。

HMBと脂肪量減少のメカニズムはまだ明らかになっていませんが、このような背景からHMBは筋肉量を維持し、脂肪量を減少させる効果が期待されているわけです。

人気のHMBサプリはこちらから

HMBで基礎代謝を効果的にアップ!摂取したい栄養成分

炭水化物や脂肪が体内でエネルギーに変換されるには、代謝によってATPという物質に換わる必要があるわけですが、このエネルギー産出を担っているのがTCA回路(クエン酸回路)と呼ばれる代謝メカニズムで、これは細胞内のミトコンドリアで行われています。

そこで、ダイエットを成功させるには摂取エネルギーを減らすことも大切ですが、代謝を高める成分を積極的に摂取すると、脂肪や糖分が燃焼されやすい身体になります。

HMBサプリにはそんな脂肪燃焼効果を高める成分が実は豊富に含まれています。


代謝をアップさせる栄養成分

1.ミトコンドリアの活性ビタミンE,L-カルニチン、コエンザイムQ10、α-リポ酸
ミトコンドリアで脂肪と糖分が燃える際酸素が使われますが、その時、活性酸素も発生しやくなります。そこで活躍するのが、ミトコンドリア活性化成分のビタミンE,L-カルニチン、コエンザイムQ10、α-リポ酸が持つ抗酸化作用で、活性酸素からミトコンドリアを害から守り、元気づけTCA回路の働きを高めてくれます。
2.代謝酵素の材料たんぱく質、マグネシウム、亜鉛
脂肪や糖分は様々な代謝酵素によって分解され、ミトコンドリアで燃焼してエネルギーに変わります。人は加齢と共に代謝酵素を作る組織が低下していくため、積極的にたんぱく質、マグネシウム、亜鉛などの代謝酵素成分を摂取することによって、細胞機能を活性化させることができます。
3.補酵素の材料ビタミンB1、B2,ナイアシン、パントテン酸
代謝酵素を働かせるためには補酵素といったビタミンB1、B2,ナイアシン、パントテン酸などのビタミン類が必要になります。特にビタミンB1、ビタミンB2は糖と脂肪の代謝をサポートする極めて重要な成分です。これら成分は水溶性なので過剰摂取したとしても尿として排出されるため、体への負担もありません。逆に不足すると代謝機能がスムーズに行われない為、疲れやすい体になってしまいます。

4.交換神経を緊張(カプサイシン、ピペリン、カフェイン)

自律神経のバランスがうまく機能しないと代謝が悪い体になります。

通常、朝から夕方は体を活動モードにする交換神経が優位に立ち、代謝を活性化、一方夜から朝は体を休息モードにする副交感神経が優位にたち代謝が低調します。

夜更かしや夜食などが多い人は体内時計が乱れ、日中でも副交感神経が優位のままになり代謝が滞ってしまいます。

しかし、カプサイシン、ピペリン、カフェインといった辛み成分を摂取することによって、交換神経に刺激が与えられ低調気味な代謝を活性化させ脂肪燃焼効果を高めることができるのです。

脂肪燃焼成分が豊富なHMBはこちら

 HMBサプリのダイエット効果。女性がダイエットをしても痩せない原因とその理由

絶対痩せるぞ!とダイエットを固く決意!しかし、体重が思うように減らず、まったく痩せない。。結局、ダイエットを成功させることなく挫折して心半ば諦めた辛い経験ないですか?

なぜ痩せることができなかったのか?やせなかった理由や原因は年代別で見ても原因は様々です。

人気のHMBサプリはこちらから

年代別に見るダイエットをしても痩せない女性の特徴

一概にダイエットといっても、自分の体を変えていく訳ですから個人差があって当然です。同じ女性でも年代別によってライフスタイルが大きく変わってきます。

ここでは年代別に見る、女性が痩せない理由と痩せない原因を調査してみました。

30代女性が本気ダイエット!痩せない理由

  1. 基礎代謝の低下
  2. ライフスタイルの変化
  3. ホルモン分泌の減少

が挙げられます。

特に、30代女性は➁のライフスタイルの変化が大きく影響しています。

基礎代謝の変化は20代と比べてさほど差はありません。20代の頃は、頻繁に飲みに行ったり、遊びに行ったりと活動範囲も広かったはずが、30代になると土日は自宅でゆっくり過ごす時間が増えたり、仕事もそれなりに自分できるようになる反面、ストレスも伸し掛かってきます。また食事は外食が多くなったりとライフスタイルが20代と比べて全く異なり、30代~30代後半の女性のダイエットを難しくしています。

40代女性がダイエットで痩せない理由

画像引用:https://www.zakuroya.com/column/c_horumon1.html

  1. 加齢による基礎代謝の低下
  2. 女性ホルモンの乱れ
  3. エストロゲン過剰による脂肪の肥大
  4. セルライトの蓄積
  5. 仕事のストレス
  6. 食生活の悪化
  7. 生活習慣の悪化

40代の女性がダイエットに成功できない一番の原因は「女性ホルモンの乱れ」です。

図を見て頂くとわかる通り、35歳を過ぎた頃から女性ホルモンが減少していきます。

女性ホルモン(エストロゲン)には体中の細胞を活性化させる働きがあり、脂質代謝をコントロールしていますから、女性ホルモンが減少することによって、中性脂肪が減らずに増える一方です。

また女性ホルモンの低下によって、内臓脂肪も増加します。内臓脂肪が増加すると肝臓では中性脂肪の材料である脂肪酸を大量に作るため、結果、中性脂肪が大量に増えてしまう結果になってしまいます。

これを回避するには、日ごろから食生活を管理し、運動も取り入れていくことが大事です。

50代女性がダイエットで痩せない理由とポイント

  1. 基礎代謝の低下
  2. 筋肉量の低下
  3. 女性ホルモンの低下

50代女性は基礎代謝の低下による筋力の低下に加え、更年期を迎えることによる脂肪分解能力の低下といった、まさに加齢による肥満が進行する年齢です。

50代女性の理想とするダイエットは、健康な体作りを目標としたダイエットが望ましく、急に激しいトレーニングや負荷が高い筋トレなどは避けていきましょう。年齢と一緒に骨ももろくなっている可能性もありますから、日常生活に適度な運動を取り入れる、食事の見直しなどを心がけ、地味にコツコツと続けていく方法が適切です。

女性がダイエットで痩せない理由2つ。運動と食事制限

ダイエットに取り組んだものの、なかなか成果がでなく途中で挫折してしまった。。
運動もしているし、食事制限もしているし、、、なぜか痩せない。。。

その原因は、下記で説明する➀➁を理解していないからです。

➀体脂肪1kg減量に必要な消費カロリー:7000kcal

体重1kg減量するために7000kcalのエネルギーを消費する必要があるってご存知ですか?
まずはこれを抑えておかないといけません。

例えば1日の消費kcal1000、摂取kaclを800に抑えた場合、200kaclの差分が生まれます。毎日このペースで200の消費kaclを生み出した場合、どのくらいの期間で1kg減量できるのか?

1kg減量まで、200kacl×35日間=7000kaclです。

1か月ちょっとかかって1kg減量することができます。

これだけかかるんです!

この結果をどう捉えるかは人それぞれですが、結果体重は1kgしか減量していませんが、ダイエットの世界で言えば大成功にあたります。

もし、あなたが1か月で10kg減量したい!なんて目標を掲げた瞬間。体は破綻してしまいますね。

ダイエットを始める前に、この公式はしっかり頭に刻み込んでおきましょう。

➁摂取カロリー<消費カロリー

食事制限しているけど痩せない。という方がいますが、やはりどこかで摂取カロリーがオーバーになっています。そのために、まずは自分のエネルギー量を把握しておく必要があります。

身体活動レベル I II III
日常生活の内容 生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の場合 職場内での移動や立位での作業等、家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む 移動や立位の多い仕事への従事者。スポーツなどの運動習慣を持つ
15~17(歳) 1,900 2,200 2,550
18~29(歳) 1,750 2,050 2,350
30~49(歳) 1,700 2,000 2,300
50~69(歳) 1,650 1,950 2,200
70以上(歳) 1,350 1,550 1,750

参照:食事摂取基準

上記数値には個人差がありますが、だいたいの目安として、自分の1日の総エネルギー量を把握しておきましょう。ダイエットで痩せるにはこのエネルギー量より、食事管理により少ない摂取エネルギーが求められます。

人気のHMBサプリはこちらから

女性が筋トレで筋肉をつけただけで痩せない理由

ダイエットの成功には、ジョギングのような有酸素運動だけでもダメですし、筋トレだけ行うのもダメです。

筋トレと有酸素運動の両方がとにかく早道!

しかし、筋トレで痩せると思っている人がいますが、これは誤解です。

正しくは、筋トレで筋肉量を増やして代謝を維持する。という表現が正解になり、筋肉は活動するにあたり動くためのエネルギーを消費してくれます。
つまり、筋肉が多い人ほど消費カロリーがスムーズに燃焼されるということです。

そのため、筋トレ効果は、ダイエット中に筋肉が減少するのを防ぎ、更に筋肉を増やし代謝をあげ痩せやすい身体にするために必要なトレーニングなのです。

人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリと糖質制限によるダイエット効果

HMBサプリを飲みながら、糖質制限をしたダイエットを行った場合、どのような効果が期待できるのでしょうか。

ダイエット効果は期待できますが、HMBサプリは運動することによってその効能を発揮してくれます。

つまり、運動なしの糖質制限ダイエットと変わりませんから、大きなダイエット効果は期待できないと思ってください。

糖質制限で女性がダイエットをしても痩せないはホント?

女性の体は男性と比べてそもそも筋肉量が圧倒的に少ないため、基礎代謝が少なく、脂肪が蓄積しやすい構造になっています。

糖質制限は、ダイエットの中で一番効果が高く出る手法ですが、日々の活動にはエネルギーを必要とします。

糖質という栄養素は体にとって大切なエネルギー源です。

しかし、糖質制限によってエネルギー源が供給されない体は、どこか別な場所から必要なエネルギーを補給しようとします。

その場所が「筋肉」です。

筋肉からたんぱく質を補給し、体にとって必要なエネルギーを補給していきます。その結果として筋肉量は減っていくことになります。

筋肉が減少すると、基礎代謝そのもが減少します。そうなると、当然脂肪も燃焼してくれません。

もし、糖質制限でダイエットを試みる場合、食事で筋肉に必要な栄養素であるたんぱく質を沢山摂取する必要がありますが、糖質制限ダイエットはリバウンドする確率も最も高いため、お勧めしません。

やはり、王道はHMBサプリを併用した運動と食事コントロールによる無理のないダイエットが一番ですね。

人気のHMBサプリはこちらから

HMBと食事制限で痩せたい体を手に入れる!脂肪燃焼をアップさせる食材

食事は日々の生活の楽しみのひとつです。減量のために食事制限をして食事の楽しみや喜びは減らしたくないですよね?

そこで脂肪燃焼効果を高める食材をご紹介していきます。

➀羊肉(L-カルニチンが豊富)

ダイエットのために肉を食べないという人がいますが、肉には豊富なたんぱく質源ですから、ダイエット中においても適量に摂りましょう。

そこでおススメのお肉が羊肉です。

羊肉にはL-カルニチンが豊富に含まれており、脂肪燃焼を促進します。L-カルニチンが不足すると脂肪がミトコンドリアまで運ばれない為、必死に運動しても体脂肪が燃焼されません。また羊肉は低カロリー高たんぱく食材ですから減量中にはピッタリです。

➁きのこ

きのこは低カロリーでダイエットの味方というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。その通り、きのこには、主にβ‐グルカンが豊富。糖や脂肪の吸収を抑制、さらにビタミンB1、ビタミンB2と言われる補酵素も豊富なため、代謝も活性化してくれます。

③にんじん、トマト、ピーマンなど赤野菜

赤い野菜にはビタミンC,ビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEはミトコンドリアを活性化させますから脂肪燃焼効率をアップさせてくれます。

④玄米・雑穀

玄米には精米の段階で取り除かれる栄養成分が豊富に残っており、特にビタミンB群、マグネシウムなどのミネラル成分が豊富です。また脂肪燃焼効率をアップさせるビタミンEも豊富ですから、ミトコンドリアの活性化に一役買ってくれます。

麦、ひえ、粟、きびなどの雑穀にも同様の成分が豊富に含まれており、同様の効能を期待できます。

更に、玄米・雑穀は低G1食品に分類されてますから、食後の血糖値上昇を抑制、摂取エネルギーが体脂肪に変わるのを抑制します。

⑤キウイ

キウイにはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC,ビタミンEが豊富に含まれているビタミンの宝庫

糖・脂肪の代謝を促進、ポリフェノールも豊富ですから活性酸素を除去し、代謝の活性化を促してくれます。

⑥スパイス系

唐辛子:辛み成分が脂肪を分解
コショウ:辛み成分が代謝を高める。特にコショウに含まれているピペリンは唐辛子に含まれているカプサイシンと比べて穏やかなのが特徴。刺激物が苦手な人はコショウを利用しましょう。

しょうが:体を温めて脂肪を燃焼

⑦発酵食品

納豆:脂肪代謝に欠かせないビタミンB群が豊富

ヨーグルト:乳酸菌は腸内で余分な糖や脂肪を吸収し、便と一緒に排泄してくれます。またポリフェノールが豊富な果物(キウイ、リンゴ)などと組み合わせるとコレステロール低下率が高まり、より一層効果的です。

痩せたい体を手に入れる為には、食事への気配りが大切になってきます。

しかし、毎食、上記食材を使った料理を揃えるのも大変ですよね。

HMBサプリには、脂肪燃焼成分が豊富に含まれている製品もありますから、補給できない必要成分はHMBサプリから一緒に摂取すると良いですよ。

人気のHMBサプリはこちらから

ダイエットしても痩せない!女性ホルモンとダイエットの関係

女性の生理前は痩せない。体重増加の理由と期間

生理が近づくと、食欲が抑えられない。甘いのもが食べたくなったりと、食事コントロールが難しい期間でもあります。

生理前に痩せない原因は、生理開始日のおよそ2週間前に訪れると言われている「排卵日」から「生理開始」までは、女性ホルモンの1つである「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が増えるため「痩せにくい期間」に入るためです。

プロゲステロンには、血糖値をコントロールする「インスリン」の効果を下げる働きがあります。

血糖値は食事をすると上昇し、1~2時間すると減少していきます。体は食事によって血糖値が上がったら、インスリンを大量に分泌させ、臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用します。その後、急激に血糖値が下がり、低血糖のような状態になってしまい、お腹が空きやすくなったり甘いものが食べたくなるのです。

しかし、生理後の7日間~10日間は女性ホルモンの1つである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が増え、代謝が活性化するため痩せやすい体へと変わります。

女性はこの時期をしっかり活用して、代謝が高まる生活を心がけることによって、スムーズに体重をコントロールすることができます。

人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリのダイエット効果!女性がリバウンドしないダイエット法と続けるコツ

食事の量だけを大幅に減らしてダイエットをやってみたけど、ダイエットに失敗した経験ありませんか?

極端なダイエットは、続けることができなかったりリバウンドで元の体重へ戻るリスクも潜んでいます。

人の体は食事制限によって命の危機を感じ、基礎代謝を下げるようにできています。

つまり、摂取カロリーを減らす=代謝が落ちる=消費カロリーが減少し、どんなにダイエットを頑張っても痩せることが難しくなります。

そこで、登場するのが運動による筋トレです。

HMBと筋トレでリバウンドを防ぐ!女性が目指すダイエットとは?

運動を取り入れないダイエットでリバウンドを繰り返すことは、脂肪と一緒に筋肉や骨も減少し、筋肉が減れば代謝が落ちるため、前より太りやすい身体になってしまいます。

上図を見て頂くとわかりますが、リバウンド後の脂肪量が増えていること見て取れますね。 これを繰り返すことによって、筋肉がどんどん落ちていき、結果、脂肪だけが増えていくという悲しい結末を迎えることになりかねません。

ダイエットを続けるためのコツ!

  1. 最初から無理な目標をたてない
  2. 現在の体重の5%を減らすことを目標とする
  3. 食事と運動を組み合わせ、運動で消費カロリーを活発にする生活スタイルへと改善していく

まずは無理な目標を立てないようにします。1か月で5kgの減量!といった目標ではなく、現在の体重の5%~10%を目標にしましょう。

そして、運動と食生活の改善です。

ここで大事な事は、しっかり栄養を摂取することを心がけることです。

HMBサプリにはダイエットにとって必要な栄養成分が豊富ですから、せっかくなのでHMBサプリも上図に活用していきましょう。

人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリの脂肪燃焼効果!女性が体脂肪を減らす!ダイエットのメカニズムと減量の関係性

出典:内臓脂肪をとってすっきりおなかを凹ませるコツがわかる本

体に蓄積された中性脂肪は、上記図のようなプロセスを踏んで燃焼されます。

➀まず、活動エネルギーが必要という状態になると、脂肪分解酵素リパーゼを活性化させます。

➁活性化されたリパーゼは中性脂肪に働きかけ、脂肪酸とグリセリンに分解し、分解された脂肪酸は遊離脂肪酸として血液中に入り筋肉に運ばれます。

③筋肉細胞に入った遊離脂肪酸はLカルニチンと結合し、細胞内のミトコンドリアに入り、ここでTCA回路(※人がエネルギーを産出するための回路(経路)のこと)に組み込まれ、酸素と反応、エネルギー源物質ATPを産出、エネルギーを燃焼します。

使われなかった脂肪酸は再度中性脂肪に合成され脂肪細胞に蓄えられます。

④つまり、脂肪を効率よく落とし減量するには【血液中の脂肪酸を無駄なく燃やす】事がカギとなり、この方法として運動があるのです。

※ミトコンドリア:脂肪・炭水化物の分解物質を酸素と反応させてエネルギーを産出すること、人の活動に必要なエネルギーのほとんどがミトコンドリアによって供給される

人気のHMBサプリはこちらから

HMBで筋トレダイエット、中性脂肪を効果的に下げる

中性脂肪とは栄養学的に「脂質」と総称され、体につく脂肪は全て中性脂肪と呼ばれます。中性脂肪の「中性」は酸性とアルカリ性の中間の性質を持っていることから、一般的に「脂肪」という場合は全て中性脂肪の事を指します。

中性脂肪は、食事から摂取した脂質や糖質が体内に溜まり、脂肪細胞の中に蓄えられ、本来は、人間が生きていくために必要不可欠なものですが、過剰に増えると肥満となり健康に悪影響を及ぼします。

また、中性脂肪は、血液や肝臓にも存在し、血液で増えた場合「脂肪室異常症」になり、肝臓で増えると「脂肪肝」になってしまいます。

これらのことから、肥満改善のためには中性脂肪をコントロールすることが必要で具体的な方法としては、体内に溜まってある余計な中性脂肪をエネルギーとして燃焼することで体脂肪が減っていきます。

そして、体脂肪を効率よく減らすには、基礎代謝をあげること。

そこで効率的に活用したいのがHMBサプリです。

HMBサプリを利用し効果的に筋肉を増やすことで、基礎代謝をアップ。中性脂肪下げ、太りにくい体質を作ることができるのです。

人気のHMBサプリはこちらから

HMBで体脂肪率を落とそう!体脂肪の2タイプ

体につく脂肪は全て「体脂肪」と言われますが、脂肪は蓄積される場所によってタイプが異なります。一般的には「内臓脂肪型」と「皮下脂肪型」に分類されてますので、特徴含めてご紹介します。

内臓脂肪型

内臓のまわり、とくに「腸間膜」という腸を包んでいる薄い膜と膜の間にたまる脂肪を指し、内臓脂肪が溜まると腹囲が大きくなり、このタイプを内臓脂肪型肥満と呼ばれています。

最近ウエストがきつくなってきたな~と感じる場合は、内臓脂肪が溜まっている場合が多く、一般的にウエストサイズ男性85cm以上、女性90cm以上は内蔵型肥満を疑うとされています。

しかしながら、内臓脂肪の測定は簡単に行えない為、ウエスト回りで判断することはひとつの目安としてされています。

特徴

  1. 脂肪細胞の代謝が活発
  2. 内臓脂肪が増えると、体内ホルモン環境が変わり高血圧などを起こしやすい
  3. 代謝が活発なため、運動・食事によって減らしやすい
  4. 体に悪影響を与える
  5. 腹囲(男性:85cm以上、女性:90cm以上)を肥満と判定している

皮下脂肪型

皮膚のすぐ下につく脂肪を「皮下脂肪」と言い、特にお尻、太もも、下腹など下半身によくつき、このタイプの肥満を「皮下脂肪型肥満」と呼ばれています。

特徴

  1. 脂肪細胞の代謝が低調
  2. 代謝への悪影響は生じにくい
  3. 代謝が低調なので減らしにくい
  4. 体温調整などの生体保護機能を持つ
  5. 上記理由から減らしすぎも避ける
BMIの計算式と判定基準
BMI=体重kg÷(身長m×身長m)
標準体重=(身長m×身長m)×22.0
BMI=22.0・・・・・標準体重
BMI<18.5・・・・・やせ
18.5≦BMI<25.0・・普通体重
BMI≧25.0・・・・・肥満

体脂肪率の目安を簡単な計算で割り出せるのが国際基準の体格指数BMIです。
BMIが22.0以上ある方は、22.0へ近づけることを目標とし減量を心がけることが大切ですが、短期間での無理なダイエットは体へ負担をかけてしまうため、1か月に体重の3~5%の減量を目標におくと良いでしょう。

人気のHMBサプリはこちらから

HMBで筋トレダイエット!まずは内臓脂肪を減らそう

中性脂肪の中でも内臓脂肪は代謝と深い関わりを持ち、内臓脂肪は溜まりやすい半面、代謝をあげることで減りやすいという特徴も持っています。

特に運動をすると一番先に減少するのが内臓脂肪です。

内臓脂肪は、「腸間膜」にたまる脂肪ですが、腸間膜には食べ物から栄養分を吸収する血管が沢山集まり血流にとけやすい理由から、皮下脂肪より内臓脂肪の方が体の代謝コントロールのカギを握っています。

加えて、基礎代謝には内臓を動かす消費も含まれているので、エネルギー消費と内臓脂肪は深い関わりを持っているのです。

基礎代謝は、その人の筋肉量と相関関係にあり、筋肉の量が多いほど基礎代謝が高くなります。基礎代謝とは、呼吸や内臓含め人間が活動していくために必要な一定量のエネルギー消費の事を言います。

この基礎代謝を高める一番の方法が筋肉を使う事。運動で言えば筋トレにあたりますね。運動不足になると筋肉を使わなくなるため、食事で摂取したエネルギーをうまく消費できません。その結果、使われなかったエネルギーが脂肪として蓄えられていきます。

HMBサプリには筋肉の成長を促す効果があり日常生活に必要な筋肉量や筋力の維持に役立つサプリメントで、本来、人間の体内で合成している成分ですが量も少なく、効果的な量を補うにはHMBサプリを頼るしかありません。

人気のHMBサプリはこちらから

HMBサプリの筋トレ効果!女性が自宅で簡単筋トレ。効果的に痩せるメニュー5選

基礎代謝を左右するのは、脂肪以外の筋肉や骨。 特に筋肉が重要で多いければ多いほど基礎代謝があがるので、代謝維持には筋トレで筋肉量を増やす必要があります。

筋トレしたいけど、ジムに通う時間がないな~。という方でも安心

自宅でも特に器具などを用意しなくても簡単にできる筋トレメニューがありますので、ここでは5つに絞ってご紹介します。

美ボディ女性は筋トレで代謝をアップ !効果的なダイエット法

代謝に関係する筋肉のなかでも大きな筋肉(大筋群)と呼ばれる、太もも、胸、おなか、背中が該当 。これら筋肉は日常生活では十分に使われておらず、意識して使わないとだんだん衰えていきます。 つまり、それなりの負荷を与えてあげないと大きな筋肉は衰退していく一方なのですよ。

そこで、筋トレで基礎代謝をあげて太りにくい体を作ることが大切になってきます。

筋肉は運動をしていない時でもエネルギーを必要としているため、筋肉量が多いと基礎代謝が上がり、エネルギーをよく消費する太りにくい体になります。

加齢と共に減少する筋肉量ですが、トレーニングを習慣化することによって、筋肉量を増やすことができ代謝のよい体を常に維持することができます。

特に、気になるお腹周り!

腹筋が衰えると、内臓が腹腔内から押し出されて、おなかが出て見える原因のひとつです。腹筋も鍛え内臓を正しい位置に保つことも、引き締まったスタイルの良い美ボディ作りのポイントです!

ぽっこりお腹を引き締める!腹部ダイエットトレーニング腹横筋

腹部の深層部に刺激を与える筋トレです。
寝たまま簡単に実践できるので、時間がない時でも継続しやすいのがメリット!腹式呼吸によるリラックス効果も得られます。

ぽっこりお腹を引き締める!腹部ダイエットトレーニング腹横筋
  1. 仰向けに寝て、両腕を立てて、お腹の上に載せます。口からふ~っと息を吐きながらおへそを背中に近づけるように凹ませる
  2. 息を吐き切ったらおなかの力をゆるめ、鼻から息を吸っておなかを膨らませます。
  3. 1,2の動きができたら、1のおへそを背中に近づけて凹ませた状態をキープし、自然な呼吸を10回繰り返す

ぼっこりお腹を引き締める!上腹ダイエットトレーニング上腹編

腹直筋とそのまわりの筋肉を鍛える筋トレです。
上腹のたるみをとり、お腹を引き締めます。椅子を使うと無理なく行えます。


ぼっこりお腹を引き締める!上腹ダイエットトレーニング上腹編

ぼっこりお腹を引き締める!下腹ダイエットトレーニング

ぼっこりお腹を引き締める!下腹ダイエットトレーニング ぼっこりお腹を引き締める!下腹ダイエットトレーニング

脂肪を落としてくびれを作る!脇腹ダイエットトレーニング

上体をひねりながら行う腹筋運動で、ひねりは腹部を引き締める効果が高い筋トレですから、綺麗なくびれを作ることができます!

脂肪を落としてくびれを作る!脇腹ダイエットトレーニング

驚くほどに痩せる!下半身痩せを手に入れるスクワット

太ももの筋肉は体の中でも最も大きな筋肉です。太ももを鍛えて筋肉量を増やすことができれば、基礎代謝もアップしますから、ダイエットに絶大な効果を表してくれます。

驚くほどに痩せる!下半身痩せを手に入れるスクワット 驚くほどに痩せる!下半身痩せを手に入れるスクワット

人気のHMBサプリはこちらから

関連記事

NO IMAGE

女性用HMBサプリ|AYA先生監修BBB(トリプルビー)の口コミ

HMBサプリの効果と安全性を検証!見るべきポイント

HMBサプリで筋トレ&ダイエット効果を得られる飲み方

HMBサプリの安い料金|ダイエット効果期待成分でコスパを比較